外国の恋愛映画、ドラマについて

皆さんの中で恋愛を題材にした映画やドラマを観る方はいらっしゃるかと思いますが、特にお勧めなのが海外モノです。日本と海外の恋愛観がまるで異なること、文化や年齢、生活層など日本人では想像もしないような部分がドラマや映画おポイントになることがあります。例えば韓国モノの場合、その考え方の土台には儒教の影響があり日本人よりも親や目上の人を大切にする、という考え方もあれば日本女性のように男性を立てる、という概念が希薄な部分もあります。またイタリアやフランスものでは女性を如何に喜ばせることが出来るか、がある種の男性のステータスとなっており、観ている方が恥ずかしくなるような歯の浮いた台詞や仕草が随所に見受けられます、しかし不思議なのはそれらを外国のモノとして観ると不思議と受け入れることが出来るようになり、格好いいという憧れさえ生まれてきます。いろんな国の文化や考え方を取り入れることが大切と言われますが、学習や仕事で実践するのはなかなか大変です、ドラマや映画から恋愛という親しみやすいテーマで触れてみるのもいいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>