「めぐり逢えたら」はドラマチック恋愛映画

ラブコメディーの女王と言われたメグ・ライアンとトム・ハンクスの恋愛映画です。 シカゴの建築家のトム・ハンクス演じるサムは癌で妻を亡くします。そこで、息子とシアトルに引っ越します。湾に浮かぶような家がいいです。息子のジョナは落胆しているサムのために新しい奥さんを捜してあげようと思い行動します。なんと、ラジオ局に電話をし、お嫁さん探しをするのです。ジョナの父を思う心情を語ったサムの言葉に心を動かされたのが、ボルチモアのメグ・ライアン演じるアニーです。婚約者がいるにも関わらず、こっそりと会いに出掛けて二人を見つめます。ジョナは、顔も知らないアニーですが、この人と決めて、とうとうニューヨークに一人で出て来てしまいます。追って来たサムとアニーはエンパイア・ステート・ビルの展望台でようやく出会えるのです。 メグ・ライアンが一番輝いている時です。チャーミングです。そして、ストーリー展開、重要なシーンは映画「めぐり逢い」がベースになっているのです。「めぐり逢い」を知って見ると、味わい深いものがあります。ドラマチックで、はらはらうっとりの映画です。

外国の恋愛映画、ドラマについて

皆さんの中で恋愛を題材にした映画やドラマを観る方はいらっしゃるかと思いますが、特にお勧めなのが海外モノです。日本と海外の恋愛観がまるで異なること、文化や年齢、生活層など日本人では想像もしないような部分がドラマや映画おポイントになることがあります。例えば韓国モノの場合、その考え方の土台には儒教の影響があり日本人よりも親や目上の人を大切にする、という考え方もあれば日本女性のように男性を立てる、という概念が希薄な部分もあります。またイタリアやフランスものでは女性を如何に喜ばせることが出来るか、がある種の男性のステータスとなっており、観ている方が恥ずかしくなるような歯の浮いた台詞や仕草が随所に見受けられます、しかし不思議なのはそれらを外国のモノとして観ると不思議と受け入れることが出来るようになり、格好いいという憧れさえ生まれてきます。いろんな国の文化や考え方を取り入れることが大切と言われますが、学習や仕事で実践するのはなかなか大変です、ドラマや映画から恋愛という親しみやすいテーマで触れてみるのもいいかも知れません。

映画やドラマは恋愛の「先生」

映画やドラマを単なるエンターティメントとして見ている人は結構多いのではないでしょうか。

でも実は、実生活の上でもかなり役立つものなのです。

例えば、意中の相手がいたりして、こんな展開になって欲しい、と思うことって結構ありますよね。

そんな時、映画やドラマを参考にしてみましょう。

主人公が自分と同じ立場だったり、シチエーションが似ていたり、そんな作品を選ぶことがポイント。

予め相手の好みや興味を持っていることをリサーチしておくことをお勧めします。

なせかと言うと、人って知らず知らずのうちに自分のストーリーやファンタジーの中に相手を組み入れて見ているものなんです。

だから相手がどういう精神世界を持っているのかを知っておくのはすごく大事。

これさえ掴めれば、例えばあなたが相手のバッチリ好みのタイプではなくても、恋愛関係に持ち込める可能性は高くなるのです。

ここを読み間違うと、いくら努力しても叶わないという悲しい結果になってしまいます。

また恋愛映画にはその時代時代のファッションも反映されています。

その役柄ごとのキャラクターに合った素敵なファッション。

自分と近いキャラクターのファッションを真似てみるのもいいと思います。

恋愛にファッションはつきものですからね。

ぜひ、映画やドラマをたくさん見て、素敵な恋愛を楽しみましょう。

恋愛映画「麗しのサブリナ」はドラマチック

恋愛映画は沢山ありますが、ロマンチックでハートフルなのは「麗しのサブリナ」でしょう。

ご存じ、オートりー・ヘップバーンがハンフリー・ボガードとウイリアム・ホールデンと競演した恋愛映画です。 

富豪の運転手の娘のサブリナは、密かに憧れる二男のホールデン演じるデイビットをこっそりと見続けています。

その恋心がいじらしく、愛らしいです。
失恋したサブリナはパリで2年間過ごします。

すっかり美しくなったサブリナにデイビットは夢中になります。

しかし、会社の存続のために、政略結婚させたい兄ライナスは、サブリナとの中を引き裂こうとします。

しかし、いつしかサブリナの魅力に気付き、サブリナも渋く、堅物だと思っていたライナスを好きになってしまいます。

ドラマチックです。

デイビットは兄に譲ります。ライナスは仕事を投げ出し、サブリナを追ってパリに旅立つ船に乗り込みます。 

兎に角、サブリナが清純で愛らしいです。
流行したサブリナパンツもおしゃれ。
大富豪の生活振りもゴウジャスに描かれています。
シンデレラストーリーです。

個性の違う二人の男性とのやり取りや会話が実にお洒落でウイットに富んでいます。

いつ見ても心が和み、素敵な恋をしたくなる映画です。お奨めです。